おいしいお肉が食べたい

誰かのおいしい探しの役に立ちたいブログ

i wanna eat delicious meat

四六時中四六時中食べていたい

□ 三幸製菓 × チロルチョコ □

 

 

 

 卒論の仕上げに追われていたなんて言い訳とたくさんの自分への甘えのおかげでしばらく遠のいていました。

 

言っていることとやっていることのずれが半端ないです、ゆるすぎます、私!

 

痩せたいと思いつつエンドレスもぐもぐ。 

 

 

 

チョコレート味のポテトチップスとか。

甘さとしょっぱさのバランスがちょうど良く、はまる人にははまるこの味。

 

食後のデザートを食べた後にまたしょっぱいものを食べたくなるそんなことありませんか?

私はついついアイスを食べた後にお肉一切れとか唐揚げ一つ食べてしまう食欲モンスターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

某トーク番組でもついつい食べ過ぎてちゃう芸人が甘いとしょっぱいが両方叶えられて交互に食べなくてもいいおやつに甘じょっぱいものを挙げていた。

 

そうこれもその一つ。

 

 

 

f:id:karin7313:20161210190502j:plain

 

 

 

三幸製菓×チロルチョコ(雪の宿、チーズアーモンド)

7個入り 108円(100円ショップにて)

 

 

 

中身は2種類

f:id:karin7313:20161212162936j:image

 

雪の宿チロルチョコチーズアーモンドチロルチョコ

 

オリジナルの味は知っているけど、チョコレートとどう合わさっているのか全然想像がつかない…

 

 

ちなみに開けるとこんな感じ。

 

f:id:karin7313:20161212163251j:image

 

ホワイトチョコらしきものに埋もれた雪の宿とチーズアーモンドのアーモンドが。

 

 

 

まずは

雪の宿×チロルチョコ

あの少しのミルク感のある甘じょっぱいおせんべいの味とバリバリとした食感がチョコの甘さとまろやかさに包まれる。

しょっぱさや香ばしさが強いおせんべいの角をチョコレートが丸くしているみたい。

チョコレートにもミルクが含まれているから同じ乳製品として相性がいいのかもしれない◎

どちらかが主張しすぎることもなく天秤にかければ平行になりそうなバランス。

 

 

次は

チーズアーモンド

こちらは開けるとチーズの香りがしてきた。

あのオリジナルのチーズアーモンドのあの香り。

口に入れるとまろやかなチョコレートが解けこんにちはするチーズアーモンドさん。

あ、どうもっ!と軽やかな挨拶をして香ばしさとチーズのコクを口いっぱいに広げてくれる。

そしておせんべいの部分のぱりっと、そしてややしょっぱさのあるテイストもチーズと一緒になって甘じょっぱコク深まろやかワールドを繰り広げる。

 

 

 

 

 

これら二つとも、斬新なお菓子を疎遠する人が多そうなお年寄りにもウケそうかも。

 

おじいちゃんおばあちゃんと一緒にこたつであったかい緑茶と一緒にこれを食べる幸せな時間、かなりアリです◎

 

 

 

 

 

 

 

今日の一曲

 

Mr.Children - Sign

 

長年にわたり幅広い世代に愛されるバンド。

 

普段聞かないという人でもこの曲知ってるよ!って曲が何曲かはきっとある。

そう考えると本当にすごいうなあとつくづく...

 

 

「ありふれた時間が愛おしく思えたらそれは愛の仕業と小さく笑った」

 

 

当たり前こそ本当の幸せだと思っていてその当たり前がなくなると気付きますよね、本当に!!!

最近では卒業が近づいていて毎日のように大学の友達とくだらない話とかちょっと大事な話をしたりとか。

今は本当に当たり前でその時間を過ごしているときはなんとも思わないけれど、卒業後を考えた途端に、ふとさみしく、その時間をすごく大切に愛おしく思ったり。

 

卒業とか彼氏・彼女と別れたとかバイト・仕事など今の職場を離れるとか一人暮らしを始めるときとか。

うっとおしいとも思える家族の一言とかもたまにのイレギュラーな出来事になる。

 

 

そのイレギュラーがいつかまた当たり前になったりして。

結局その繰り替えしなのかもしれないと、考えたり。

 

 

 

 

生きるって毎日その当たり前を過ごす日が1日ずつ減っていくことな気がして。

むしろその減る当たり前さえ愛おしく思っちゃえば自分も友達も恋人も家族も上司や同僚も、物も全部ひっくるめて感謝であふれるようになるのかな~なんてね!!!!

 

 

 

 

本日も読んでくださりありがとうございます◎